ベランダに鳩対策|しつこい鳩を近寄らせない

男性作業員

特徴や習性を把握して駆除

3人の作業員

駆除が必要となる場合

ハチ駆除は、必要な場合とそうではない場合とがあります。人があまり出入りしない場所に巣が作られた場合は、基本的には駆除は必要ありません。しかし住宅の軒下やガレージの屋根などに巣が作られた場合には、その近くを人が歩いた時にハチが攻撃してくることがあります。そのため駆除の必要性が生じます。ただしハチの中にも、積極的に攻撃してくるものとそうではないものとがいます。ミツバチは基本的に攻撃してこないのですが、スズメバチは凶暴です。そのため巣作りが始まったら、繁殖する前に早めにハチ駆除をすることが肝心となります。一般的にハチの巣は、ハチが出入りする穴が多くあいていますが、スズメバチの巣には表面には穴はほとんどあいていません。そしてボールのように丸く、独特の波模様がついているので、他のハチの巣とは見分けがつきやすいです。

活動がさかんになる時期

このようなハチ駆除をするときは、業者にお願いするといいでしょう。業者への依頼をためらってしまう人の中には、自宅でハチを見かけるけど巣が見つからないので、依頼できないと思っている方がいるようです。しかし、巣によっては人目につかない場所に設置されているものがあるため、素人では見つけられないことがあります。その事例の場合は、業者に相談して無料調査に来てもらいましょう。スタッフが家中を隙間なく探してくれるので、どこにある巣でも見つけ出して駆除してくれます。たとえ巣が見つからなくても、ほとんどの業者は一匹からでもハチ駆除を行なっているので、気軽に依頼することができます。